レディー

翻訳サービスで日本語に直してもらおう|翻訳内容によって料金が変化

外国語を理解するために

ステーショナリー

チャンスを逃さないように

世界中には言語がたくさんあるため、たとえ大企業だとしても、全てに対応することはできないでしょう。マイナーな言語のために社員を雇っていては、人件費がかかりすぎてしまいます。しかし、グローバル化が進められている現代では、言語が分からないからといって、仕事の依頼を断るわけにはいきません。そこで、力になってくれるのが外部の翻訳サービス会社です。依頼する言語をネイティブと同等に扱える専門家が翻訳するので、ビジネスシーンで活躍してくれます。なお、翻訳サービス会社では時間給や日給ではなく、文章の長さによって料金が違いますので注意しましょう。そのため、翻訳の料金を安く済ませたいならば、自身が用意する文章は分かりやすく簡潔なものを用意しておくと良いでしょう。

対応する言語の多さ

外部の翻訳サービス会社に仕事を依頼すれば、ほぼすべて(もちろん文明の発達していないところは除く)の言語に対応してくれるといっても過言ではないでしょう。もしも、現在頼んでいるところで対応していなくても、他の翻訳サービス会社を探せば良いからです。アフリカや中東なども対応しているところは多いので、珍しい言語でも探すのはそれほど難しくはありません。なお、希少性の高い言語は料金も高くなる傾向があります。それについては翻訳サービス会社のホームページなどで料金表を見られますので、依頼する前に頼みたい言語について調べることが大切です。また、『日本語から外国語へ』と『外国語から日本語へ』の場合の料金も違いますのでチェックしておきましょう。